TDL蒸気船マークトウェイン号・体験記・情報

このページは「TDL蒸気船マークトウェイン号」に関する情報です。

蒸気船マークトウェイン号

 
蒸気船マークトウェイン号
マークトウェイン号乗り場 マークトウェイン号
マークトウェイン号 蒸気船マークトウェイン号


大きな地図で見る

お勧め度 ★★★
混雑度
特徴 アメリカ河を蒸気船マークトウェイン号 に乗って巡る旅に出ます。1周15分の船旅です。
若干ネタバレ 日中と日没後で違う船旅を味わえます。
攻略法 基本的に1回で定員475名ですので、混雑時でも左程待たずに乗ることが出来ます。
やはり一番は左右の見渡せる3階の先頭部分が一番良いです。
操舵室に乗れるという裏技が昔はありましたが、現在は乗れません。
昔乗った事があるのですが、写真も残っていないので残念です。
その他 ウォルトディズニーがファンであった、「トム・ソーヤーの冒険」の作者でもある、「マーク・トウェイン」にちなんで名づけられた蒸気船。
またマーク・トウェイン自身のペンネームも、「川を蒸気船が航行する際の合図」から取っており。
日中の蒸気船マークトウェイン号 に乗船すると、その様な由来についてもランドルフ・ノックス船長が解説してくれたりしています。



トムソーヤ島から見た蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号


ウエスタンリバー鉄道から見たマークトェイン号

マークトウェイン号


乗り場はいかにもアメリカの開拓時代風の建物です。
待合所には模型が飾られています。

蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号


乗り場から見上げた様子。

蒸気船マークトウェイン号


操舵室

蒸気船マークトウェイン号


迫力の出航の合図の鐘と蒸気。



航海中にランドルフ・ノックス船長が色々お話を聞かせてくれます。



蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号


アメリカ河にはインディアンなどが住んでいます。

蒸気船マークトウェイン号


船着場に帰り着く所の様子。

蒸気船マークトウェイン号
1