TDLクールザヒート・体験記・情報

このページは「TDLクールザヒート」に関する情報です。

クール・ザ・ヒート2011年

2011年もディズニーランドの熱い夏
「クール・ザ・ヒート」がやってきました。





2011年は海賊になったキャラクター達が水を大放出。
海賊コスの可愛いさ、グーフィーマックスの親子共演と盛り沢山です。

くしゃみで最初の水大放出は例年通り。
ただグーフィーが英語版で登場です。

クール・ザ・ヒート2011年

クール・ザ・ヒート



ソケラ、ヒーハーに続いては
カモンミッキー。

カモンミッキー



ミニミニミニミニなミニーちゃん。

ミニミニミニミニなミニー



スプラッシュ!ドナルド。

スプラッシュ!ドナルド



グーフィーマックスの親子共演。

グーフィーマックス



今年も大量の水でクールダウンです。

2010年クール・ザ・ヒート攻略法

クール・ザ・ヒートに関する情報攻略法
(待ち時間や風などのデータはその日によって違うことはご了承ください)


まず公演時間
キャラクター毎に曲の長さが違うため公演時間が違います。
ミッキー8分15秒
ミニー8分26秒
ドナルド7分48秒
スティッチ8分13秒
です。
どのキャラクターも同じスタートで、グーフィーがくしゃみをしてシンデレラ城からまず最初の派手な水柱が立ちます。
ここまでの時間が1分42秒。
全体が8分くらいの公演で1分42秒かかっているので意外と時間を使っているのですが待ち遠しく見ているのか?思っているより短く感じているような気がします。

最初の派手な水柱
2010年クール・ザ・ヒート




どのキャラクターでも共通部分のLet'sGetWetは(スプラッシュスプラッシュスプラッシュスプラッシュの曲)は3分25秒ほどです。




ノリ方
・どのキャラクターも共通の後半の曲Let'sGetWet(合間のキャラクターの合いの手の声は違いますが)
スプラッシュスプラッシュスプラッシュスプラッシュと言う所で手を「水を頂戴」という感じで降る。(通常は4回ですが、最後の盛り上がりは8回)
変拍子になる「パン・パパン」
この部分だけ解っていれば何となくのれてしまいます。

2010年変わったミッキーミニーの曲のノリ方。
・ミッキー(2010年よりGonna Make Rain)

ミッキーがカーボーイの衣装に。
ダンサーさん達の帽子もカーボーイ調になっているので、後ろから登場するミッキーが見える前にダンサーさん達の帽子でミッキーと解ります。
そしてそのミッキーカーボーイは雨を降らせる事ができるよ!って曲なので
「Cowboy is gonna make it rain」という歌詞の部分で水がドンっと出てきますので、その部分でテンションを上げると何となくノレます。

2010年クール・ザ・ヒート



・ミニー(2010年よりCool,Cool,Cool)
ミニーと一緒にCoolになろうよという曲。
こちらのノリ所は
「Everybody,Cool,Cool,Cool,Come on!!!」
という歌詞部分。
最後のカモンあたりでテンションを上げると良い感じです。

2010年クール・ザ・ヒート





風向きと濡れる場所。
もちろん前の方が濡れます。
ただちょっと後ろの方になると風向きによって濡れる場所が変わります。
2010年の経験則で言えばシンデレラ城を正面に見て左側、ウエスタンランド側の方に水がかかることが多いです。



待ち時間
最前列は朝一番でがっちりキープされてしまう事が多いです。
ただ濡れる場所くらいであれば、混雑している日でも30分前。
ちょっと後ろ目でも濡れる場所程度であれば10分前くらいで鑑賞できます。
1回目が一番待ち時間を取ったほうが良い回で、2回目3回目4回目と後半になるほど直前に行っても濡れる場所に入る可能性が高いです。
比較的ショー待ち時間を取らなくても楽しめるショー(1日4回公演なので)です。




クールザヒートの出演順はこちらのサイト様が凄いです。
http://ameblo.jp/disneyresort-diary/entry-10584469333.html

クール・ザ・ヒート 2010年

2010年もやっぱり夏はクール・ザ・ヒート

クール・ザ・ヒート



夏はクール・ザ・ヒートとチップとデールを何回も行かないと夏という気分になりません。

1日4回あるショーなので、公演30分前くらいに行けばびしょ濡れゾーンには入れるので見やすいショーです。


2010年の2009年からの変更点は
・ミッキーミニーの衣装と音楽が変わった。
・キッズエリアは親子一緒に見れる様に入れるようになった。(ただし大人は座って鑑賞・2009年までは脇のキッズエリア保護者エリア)

個人的にはミニーのサマーガールが好きだったのでちょっと残念。
キッズエリアに親が横で入れるのは子供とはぐれにくくなって良い感じですが、あのずぶ濡れの場所で座っての鑑賞なので物凄い濡れました。
個人的にはノリノリで見たいショーなので、座っているとちょっと気分は出にくかったです。

クール・ザ・ヒート


クール・ザ・ヒートの面白さの一つは、どのキャラクターが出るかは決まっていない所。
4回公演で全キャラクター(ミッキー・ミニー・ドナルド・スティッチ)が出ますが、毎日順番は違います。
今年の我が家はどうもドナルドの当たり年のようで、フルデイで4回全部見たとき以外はドナルドばかり。
その様な運もあるのが面白いところです。
1日で全部4回見れば必ず全キャラクター見ることは出来ます。

クール・ザ・ヒート 2010年



びしょ濡れになる楽しさが一番のショーですが。
やはり荷物を防御するビニール袋は必要。
1日何回も濡れようと思った場合、上着は乾きが早いので濡れるのを楽しみたいところですが、下は乾きにくいので、下だけでも雨合羽で水を防御しておくと持って行く荷物も少なくてすみます。(上着の換えを1枚程度で良いので)

クール・ザ・ヒート



夏と言えば水のこのショーは欠かせない、我が家の一番人気のショーです。

クール・ザ・ヒート 2010年